スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
15mの両引分け門扉
社長の雲野(クモノ)です

忙しかった9月が終わり、静かな10月になりました

9月に施工させていただいた物件の完成写真が届きましたので、ご紹介をします
納入した門扉の全ての写真があればもっとご報告出来ますが、当社が納入する時期は工事は未完成なので、全ての写真を揃えることはできません

納入先:キョウワ株式会社 能登事業所様KYOUWA-2

KYOUWA-1

①門扉高 1,500 × 有効開口 15,00(B型:両引分門扉・二段式)
②仕様  溶融亜鉛メッキ処理まで
③場所  石川県珠洲市内
④施工時期 平成22年 9月 施工


KYOUWA-3

KYOUWA-4

①門扉高 1,500 × 有効開口 6,00(A型:片引き門扉)
②仕様  溶融亜鉛メッキ処理まで
③場所  石川県珠洲市内
④施工時期 平成22年 9月 施工


事務所の前に6Mの片引き門扉を1基設置し、トラックの出入り口に15Mの門扉を1基設置いたしました

今回新しく建設された事業所の他にも、この珠洲市内にキョウワ様の事業所が数箇所あり、この地域経済の支えになっている事が分かりました。本当にありがたい事です。

納入した門扉がお客様のお役にたてることを願い、ご当地でのキョウワ様の事業の発展を祈っております




スポンサーサイト
ハシモト門扉現場 | 13:51:17 | Trackback(0) | Comments(3)
北陸電力様へ門扉納入
社長の雲野(クモノ)です
少し前まで暑い・暑いと言っていましたが、雨が降って以後空気が変わり、すっかり秋になりました。

今月、9月は忙しく・慌しい月でした。会社を経営する立場としては、仕事があり・それなりに忙しいと心が休まります。(金の心配をしなくてもよいですから)

8月に納入した門扉を1件ご紹介します

北陸電力中島発電所-1

内側からの写真です

北陸電力中島発電所-2

①門扉高 2,200 × 有効開口 7,200(C型:片引き門扉+片開き戸)
②仕様  溶融亜鉛メッキ処理まで
③場所  福井県大野市内
④施工時期 平成22年 8月 施工


福井県大野市から九頭竜川沿いに30分程さかのぼった場所にある発電所です

水力発電所の多くは川の上流にありますが、多くは昭和30年代頃に完成しているようです。以前に、クロヨンダムを見に行ったときに、「黒部の太陽」の映画の話をしましたが、当時のダム建設工事には大変なご苦労があったようです。今回、この発電所以外にも大野市近郊で2箇所ほど門扉を設置しましたが、その両方の現場とも構内に慰霊碑が建てられていて、工事で犠牲になった方がいらっしゃた事がわかりました。

家庭でスイッチを入れれば電気は簡単に使うことが出来ますが、その供給される電気の見えない部分で電力会社の皆さんのご苦労や発電所建設で犠牲になった方々の存在があったことも少しは心に留めておきたいと思う今回の仕事でした





ハシモト門扉現場 | 12:15:30 | Trackback(0) | Comments(0)
金沢市内寺町の名刹
社長の雲野(クモノ)です
毎日暑いですね!

当社で金沢市内のお寺さんに施工した門扉があります。この門扉は、私が平成5年に入社したときには施工済みだったので、それより以前に取付けた門扉です。

門扉の横の壁に白い3本の横線が走っていますが、この3本線は格式の高い寺であることを示していると、人から教えていただきました。

このお寺さんですが、「龍渕寺」というお寺で、地元のテレビで紹介されていた番組をたまたま見ました。やはり前田家ゆかりのお寺であり、前田家の御用竹林が境内にあったそうです。現在はお寺さんの一帯が金沢市の保存樹林に指定されているそうです。

金沢市内お寺 (1)

門扉ですが、ルーバータイプといってプレートの曲げ物を溶接して、内側から外側へ風が通過するようになっています。

このお寺さんは金沢市沼田町にありますが、このあたりには昔から竹林が多くあり、私の高校生の頃でもその面影が残っており竹林が点在しておりました。いまは、ほとんどなくなってしまいましたが・・・




ハシモト門扉現場 | 13:38:27 | Trackback(0) | Comments(0)
7月施工の某門扉
社長の雲野(クモノ)です

毎日暑い日が続きます。ここ金沢は、お盆の間は台風と低気圧・前線の影響で、曇りがちの快適な毎日でした。太平洋側の地方の天気予報を聞いていると、気温の高さにお気の毒になります。この夏は、少しおかしいです。

とりあえず、7月に施工した現場を1箇所紹介いたします

jss-1

①門扉高 1,800(忍び返し300ミリ追加)× 有効開口 6,000(B型:両引き分け門扉)
②仕様  溶融亜鉛メッキ処理まで
③場所  石川県白山市内
④施工時期 平成22年 7月 施工


門扉が開くと下記のような感じになります

JSS-2

お客様から声をかけていただいて、門扉を納入できることは大変幸せな事です。今後とも宜しくお願いします。










ハシモト門扉現場 | 15:28:08 | Trackback(0) | Comments(0)
永年の夢を達成!!
社長の雲野(クモノ)です

先週末に仕事で山形県鶴岡市に行ってまいりました。お客様が当社の電動門扉を設置して下さるとの事で、現場に打ち合わせに行ってまいりました。現地で宿泊し、翌日の土曜日に永年の夢でした「六郷湧水群の卓上流しソウメン」を食べに行きました

流しソウメンがあるのは、秋田県仙北郡美郷町六郷にある「ニテコ名水庵」です。花火で有名な大曲市(今は大仙市)の東にある町です

ニテコ名水

仕事先の鶴岡市からは車で4時間くらいかかりました。以前、旅番組でこの流しソウメンを見たことがあり、一度行ってみたいとずっと思っていました。地元金沢でも流しソウメンを食べさせる処はありますが、いずれも竹の樋に水とソウメンを流している店です

何はともあれ、まず写真をご覧下さい

ニテコソウメン-1

左の口から水に混ざってソウメンが流れてきて、卓上でグルグル回ります。この卓上の装置の素晴らしいところは、水が流れる横ににパイプが配置されていて、そこからも水が出てきます。食事が終わると全部の水を抜いて、綺麗に掃除が出来るように設計されています。厨房から建物の外の壁面にパイプが配管してあって、厨房から水と一緒にそうめんを流しているようです。名水どころとあって、流れてくる水も冷たくとても美味しいソウメンでした

とても美味しく楽しいソウメンなのですが、流しソウメンができる卓が4箇所しかなく、お客が多いときはかなり待たされる事も覚悟しなくてはなりません。ちなみに私は、1時間半位待ちました。ソウメンを食べた後に、ご当地の名産「ニテコサイダー」をお土産に買いました

お近くに行ったときは、立ち寄ってみてはいかがですか?子供にも大人にも大人気です!満足するのは間違いなしです




社長の本音 | 14:39:11 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。